サイディングとは(外壁) | 福岡の注文住宅とリノベーションと言えばアビハウス

Blog

ブログ

サイディングとは?

サイディングとは、建物の外壁に張る仕上げ用の板材のことです。

サイディングボードとも呼ばれます。

外壁の仕上げにサイディングが使われ始めたのは1964年に、

後述する窯業系サイディングの生産が開始されてから。以前はモルタル

(砂とセメントと水を練ってつくられる外装材)仕上げが主流でしたが、

1990年代以降にはサイディングが外壁仕上げの主流になりました。

サイディングは、

「一般的なモルタルを塗る場合に比べて、乾式工法のサイディングは

簡易施工で工期が大幅に短くなるため工事費用を抑えることができます。

また、さまざまな材料の製品があることでデザインが豊富です。

工場で生産・管理されている工業製品であることから製品の品質が安定

していることも大きな特長です。そして、重要なのが軽さです。

モルタルに比べ、窯業系サイディングの重さは2分の1以下、

金属系サイディングは約10分の1です。軽い方が建物への負荷を減らせますし、耐震性も上がります」

ABI-HAUS株式会社(アビハウス)

PAGE TOP