お風呂の水アカ取り! | 福岡の注文住宅とリノベーションと言えばアビハウス

Blog

ブログ

お風呂の水垢取りは本当に困りますよね。そこで水垢の特性についてお話します。

水垢は、お風呂場にいつの間にかできている白いうろこ状の汚れのこと。白くなるため、

ステンレスや色の濃い床や壁などは、特にこの汚れが目立ちます。水垢の正体は、水道水

に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が乾燥して固まったもの。

つまり、水垢の原因は「水」なのです。浴槽のお湯もシャワーのお湯も水道水を使用して

いるため、水垢は必然的にできてしまうもの。浴室で水(お湯)を使ったあと、水滴が

残っていると、それが乾燥して水垢になります。

似たような汚れに「湯垢」がありますが、これは水垢とは違うタイプの汚れ。

水垢は水道水に含まれるミネラルが結晶化したものですが、湯垢は水道水のマグネシウムと

石けんの成分が化合したもののこと。浴槽のザラっとした汚れや、洗面器の裏側などにできる

あのヌメっとした汚れが湯垢です。

<汚れの特性>

  • 水垢はアルカリ性…汚れを中和させるには酸性のものを使う
  • 湯垢は酸性…汚れを中和させるにはアルカリ性のものを使う
  • その他の軽い汚れは中性…中性洗剤などを使う。

こちらの特性を活かして洗剤などを選んでみてください。

驚くほど水垢が落ちますよ!私個人的にはアルミホイルを水で濡らして擦ると

綺麗になります!ぜひお試しを!

ABI-HAUS株式会社(アビハウス)

PAGE TOP